ホーム > 先輩看護師 > 新人看護師の入職後3ヶ月を振り返って

看護部

新人看護師の入職後3ヶ月を振り返って

試行錯誤の看護師としての関わり方

新人看護師「3ヶ月を振り返って」

  • 患者さんとの出会いを通して、看護師としてのやりがいを実感しました。
  • 先輩に認められたくて、毎日目標を持って頑張ろうとしたが、なかなか改善できず、もどかしく感じましたが、優しくじっと見守られていることを感じ、次は必ずやるぞと日々前向きに取り組むことができました。
  • 患者さんとの関わりの中で、自分が良かれと思っておこなったことが患者さんには上手く伝わらなかった時には、どうすれば良いのか分からずに戸惑いました。しかし、伝え方を変え、その人にどうなってもらいたいか等について考え、工夫していくことで患者さんの行動が変わっていった時には、看護師の関わり方次第で、患者さんは理解してくれることを感じました。

今後の目標

  • 時間の管理を行えるようになること
  • 受け持ち患者さんの疾患を理解し、自分の頭で根拠を理解しつつ、その人に合う看護を実践できるようになりたいです。
  • 他の人が見て、分かる記録を記載できるように観察ポイントを持って、学んでいき知識も深めていきたいです。
  • 保清、排泄の看護技術を安全、安楽に行うこと。
 

やりがいを感じた患者さんからの言葉

新人看護師「3ヶ月を振り返って」

 入院してきた時には、元気がなかった患者さんが医師の治療や私達の看護によって元気になった姿を見ると嬉しく思います。初めは上手く出来なかった吸引や採血などの看護技術が先輩の指導のもと、上達を実感した時に嬉しく思います。患者さんが退院するときにご家族の方や患者さんから「ありがとう」や「お陰さまで元気になりました」などの言葉をかけてもらうとやりがいを感じます。


今後の目標

  • もっとたくさんの看護技術を身に付け、自信を持ってできるようになりたいです。
  • 様々な研修に参加することで知識を増やし、病態や患者さんの理解に繋げていきたいです。
  • いつでも冷静で適切な判断が出来るようになり、チームからも患者さんからも信頼される看護師を目指していきます。

やりがいを実感した大切な時間

新人看護師「3ヶ月を振り返って」

 私は平成27年4月に入職して、3ヶ月が経ちました。 病棟は4階の急性期病棟で勤務しています。まだまだ業務について分からない事がたくさんあり、日々あたふたしています。そんな毎日ですが、プリセプター制度もあり、分からないことがあっても相談しやすいので、安心して業務ができています。未熟な看護技術でも、患者さんに「ありがとう」言ってもらえる事や、患者さんの笑顔がすごく励みになります。看護師は、大変で責任の重い仕事であると思いますが、それ以上にやりがいのある仕事であると実感する事が出来ました。


今後の目標

 今後の目標は基礎看護技術をしっかり身につけて適切で迅速な技術を提供できるようになりたいです。また、院内や院外の研修にも積極的に参加して知識や技術を身につけていきたいと思います。 プライマリーナースとして、責任をもって関われるように日々努力を怠らないようにしていきます。

様々な思いを感じた3ヶ月

新人看護師「3ヶ月を振り返って」

(看護師として働きだして良かったこと)
・患者さんが明るく退院して行くのを見ることができた事

(嬉しかったこと)
・“ありがとう”と言ってもらえること
・話を傾聴した際に「あなたの笑顔は本当に素敵ね!」と言われたこと

(とまどったこと)
・私が思っている事と患者さんが思っている事と違った時。
・記録に何を書けば良いか分からないと思ったこと。
・今自分がどう動けば良いのか分からないこと
⇒先輩、同僚たちのフォローによって少しずつ不安も解消しております。


今後の目標

  • 患者さんの全体像を把握して、個々に応じた接し方を考えていきたい
  • 看護技術について根拠を考えながら行動していきたい
  • 患者さんの個性が分かり、何が起きている、だからどんなケアをしたか、分かる記録を書きたいと思います。

応募はコチラ

資料請求

このページのトップへ